お悩み宅急便ユーザーあるある!Q&A

お悩み宅急便を利用するにあたって、よくある質問を集めました。
注文の方法や配送の仕組み、薬の詳細など、気になることはチェックしてみてください。

注文・支払いにまつわるQ&A

Q、処方箋がなくても注文できるのはなぜ?

お悩み宅急便で買える医薬品は、すべて海外製で現地から発送されます。
海外から取り寄せる個人輸入では、日本からの処方箋は必要ありません。
ただし個人輸入において、薬の購入や服用はすべて自己責任。薬の効果や飲み方、副作用などについては、事前に把握しておきましょう。

Q、自分の名前で家族や友人の分を注文してもいい?

できません。
厚生労働省は、個人輸入について「輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提」と明言しています。(※厚生労働省|医薬品等の個人輸入について
つまり、自分以外の人のために注文することは違法行為にあたります。

Q、注文のキャンセルはできますか?

注文確定していても、支払いがまだであればキャンセルは可能です。
マイページの「ご注文履歴」から注文の破棄を行なうか、電話でキャンセルしたい旨を伝えましょう。
支払いが済んでいる場合は取引成立とみなされ、キャンセルはできません。
注文前に、商品の内容や個数について十分に確認しておきましょう。

商品の配送にまつわるQ&A

Q、発送後、何日くらいで届く?

通常であれば、1~2週間ほどで配達が完了します。
しかし発送元の国勢や天候、交通状況によって日数が前後することはよくあります。
とくに2020年は、新型コロナの感染拡大から航空便や船便の数が大きく減少。手元に届くまでに1ヵ月以上かかるケースもあるようです。
「欲しいときに届いていない」といったことにならないよう、服薬のスケジュールにゆとりをもって注文しておきましょう。

Q、外箱に商品名を書かないで発送してもらえる?

お悩み宅急便で購入した商品は、ごく普通の段ボール箱に入って届けられます。
外箱には「supplement」「Healthcare products」などと記載されていて、具体的な商品名が書かれることはありません。
箱を開封しない限り、中に何が入っているかわからないので安心して注文できます。

Q、届いた商品を返品したい。

お悩み宅急便で購入した商品はすべて海外から発送されるため、日本のクーリングオフ制度が適用されません。
本当に欲しいのか?自分に必要な成分が入っているか?など、十分に検討してから購入するよう心がけてください。

医薬品にまつわるQ&A

Q、自分の症状にオススメの商品を教えてください。

お悩み宅急便は、個人輸入を代行するサイトです。あくまでも、海外医薬品の買い物を手伝うのが仕事。
薬剤師や医師が運営しているわけではないので、医薬品に関する助言を行なうことは認められていません。
欲しい商品や自分の症状に有効な薬の成分名などについては、自分で情報収集しておかなくてはいけません。

Q、ジェネリック医薬品って効果あるの?

ジェネリック医薬品は、新薬(先発薬)と同じ有効成分で作られた商品です。
効果や安全性はもちろん、副作用も同じように現れます。

ジェネリック医薬品が選ばれている一番の理由は、高い効果はそのままにリーズナブルな価格で購入できるから。
とくに治療が長期に渡る場合、薬代が経済的な負担となって治療を断念してしまうケースも少なくありません。
低価格で買えるジェネリックを選ぶことで、継続的な治療が可能となるのです。

Q、外国で作られた薬を日本人が飲んでも大丈夫?

海外で作られた商品であっても、日本人の体に悪影響だということはありません。
有効成分ごとに決められた用法用量を守って服用すれば、重篤な副作用に悩まされたり健康を害したりといったリスクはないのでご安心を。

ただし外国人は日本人と比べて体が大きいため、1錠に含まれる有効成分量が多めです。
普段飲み慣れている薬と同じ商品でも成分量が異なる場合があるため、服用前には必ず用量の確認を。
成分量が多過ぎる場合には、ハサミやピルカッターで錠剤を半分に割って2回分に分けて服用すると安心です。

個人輸入にまつわるQ&A

Q、海外の薬って本当に安全ですか?偽物が届きそう…。

お悩み宅急便で扱っている商品は、どれも現地での認可を受けているものばかり。
とくにインドではジェネリック医薬品の開発に力を入れていて、製薬技術の高さで世界の注目を集めています。
またお悩み宅急便では、正規品100%保障を謳っています。これまでに偽造薬や粗悪品が届いたというトラブルが起こっていないのも、大きな安心材料となりますね。

Q、薬を輸入するのって違法じゃないの?

医薬品の輸入は、個人での使用目的に限り認められています。
お悩み宅急便は個人輸入の代行サイトなので、サイトを通して薬を通販することは問題ありません。
しかし届いた薬を友人に譲る、フリマアプリに出品するといった行為はNGなので気をつけてください。


PAGE TOP